人気ブログランキング |
ラミュゼ de ケヤキ情報
by lamusee_de_keyaki
カテゴリ:L'AMUSEEのイベント( 27 )
【EVENT】『宮古ちっくライフ 3days!』
日時:2010年11月5日(金)-7日(日) 12:00open
場所:ラ・ケヤキ
会費等:ライブ 3,000円|ワークショップ(手芸)3,000円|ワークショップ(キャンドル)2,000円 、入場料500円 
※ライブは先着40名さまとなります!受付は12:00から!
スピリチュアルで根源的。魅力的な宮古島のイベントを開催します!イベント詳細や予約方法など、詳しくは以下のフライヤーをクリックしてご覧下さい!!
ご予約/お問合せ:http://www.l-amusee.com/mail.html
a0151383_1291965.jpg
a0151383_12921.jpg

by lamusee_de_keyaki | 2010-11-04 12:00 | L'AMUSEEのイベント
[REPORT]『レコードとライブで訪ねる 越路吹雪の世界』
a0151383_20571765.jpg

6月11日に開催された『レコードとライブで訪ねる越路吹雪の世界』の報告です。
集まったのは30名ばかり。ちょうどゆったり楽しめる規模でした。
ソワレ君のユーモア溢れる語りで、越路吹雪さんの貴重な録音をアナログで聞きました。時々ソワレ君本人も歌い出して、彼の崇拝する師匠・越路さんとの類似点、彼の個性が出ているところなど比較できて、音楽的にも深い鑑賞をすることができました。
a0151383_2059266.jpg

コロンビアレコードの方々にもご来場いただき、ソワレ君編纂の「越路吹雪コンピレーション」を販売しました。

a0151383_2101484.jpg

ワインは、須田商店さんが出張テーステイングしてくださり、素晴らしく美味しいワインを手ごろな値段で4種類も味わうことができました。

a0151383_211383.jpg


a0151383_2104766.jpg

食事はフランスの地中海地方の料理5品が並びました。3品選んで500円という設定で、キッチンが大慌てになるほど、皆さん喜んで召し上がっていました。

9時30分には無事終了。後片付けをして、深夜からソワレ君のお誕生会になりました。

アナログの音ってこんなに暖かいものだった。CDや携帯の配信などで忘れかけていた音が聴けました。またこのような会をやりたいです。

ご来場いただいた皆様、ありがとうございました。

Atsuko Ushioda Barouh
by lamusee_de_keyaki | 2010-07-13 21:03 | L'AMUSEEのイベント
[MUSIC+FOOD]『チュニジア料理とウードの夜』
2010年7月9日(金)開場18:30 終了21:30予定・
(お食事19:00〜20:00/ウード演奏20:15〜)
会費:4000円(チュニジア料理付)要予約・
会場:ラミュゼdeケヤキ・ 
料理:チュニジアレストラン『イリッサ』・
ウード:常味裕司・


けやきの大樹がシンボルの瀟洒な邸宅ギャラリー「ラミュゼdeケヤキ」にて。
チュニジアレストラン「イリッサ」の女性シェフ、メリティ・クムスールさんの本場家庭料理をいただき、常味裕司のウード演奏を鑑賞するコラボ企画です。
30席限定 <要予約>
※音楽のみご鑑賞の方はチャージ代金2,000円いただきます。受付でお申し出ください。

ディナーはチュニジアのうら若き女性シェフの店。「イリッサ」から持ってまいります。揚げクレープのような、ブリックが名物です。その他、クスクスや、さわやかなチュニジアサラダを盛り合わせた特別メニューです。参考までにこんな料理を作っている方です↓
食べログ『イリッサ』
by lamusee_de_keyaki | 2010-07-09 20:48 | L'AMUSEEのイベント
【MUSIC】マイア・バルーの“オープンファクトリー”
a0151383_2131899.jpg

a0151383_21302531.jpg

2010年7月6日(火) 開場19:00 開演19:30
開場:「UPLINK FACTORY」
料金:¥2,500(1ドリンク付き)
出演 :マイア・バルー
ゲスト:高田漣


東京生まれパリ育ち、幼い頃から世界中を巡って音楽活動を始めた“ルーツは地球”のシンガー/ミュージシャン マイア・バルーの連続企画が決定!!
イベントやフェスティバルでも活躍中の彼女が、初めて出会う曲、初めて出会うミュージシャンとの場を求めてUPLINK FACTORYに登場。
この時、この場でしか見られない貴重なセッションが展開されそう。
初回のゲストには、最近の旬なセッションには必ず登場している“テクノ好きのマルチ弦楽器奏者”高田漣を迎える。(この企画は、8月、9月にも続く予定です)

予約方法
このイベントへの参加予約をご希望の方は、
(1)お名前
(2)人数 [一度のご予約で3名様まで]
(3)住所
(4)電話番号
以上の要項を明記の上、
件名を「予約/マイア・バルーの“オープン・ファクトリー”」として、
factory@uplink.co.jpまでメールでお申し込み下さい。

★マイア・バルーHP限定でペアチケット¥4,000を発売中!(ドリンク別/先着15組30名様)
ペアチケットの予約を希望される方はマイア・バルーHP (http://www.maia-zoku.com/ )の「Contact」からメールでお申し込みください。タイトルは「7/6 スペシャルペアチケット希望」とし、「お名前」「メールアドレス」「申し込み数(**ペア)」を明記してください。

会場: 渋谷「UPLINK FACTORY」
     (Bunkamuraより徒歩3分)
      Tel.03-6825-5502
      東京都渋谷区宇田川町37-18 トツネビル1階
料金: ¥2,500(1ドリンク別)
問い合わせ: UPLINK 03-6825-5502
by lamusee_de_keyaki | 2010-07-06 19:04 | L'AMUSEEのイベント
【MUSIC】『レコードとライブで訪ねる越路吹雪の世界』解説・歌:ソワレ
2010年6月11日(金)開場19:00 開演19:30・
会費3,000円(1d付)要予約
・・
戦後最大のエンターテイナー「越路吹雪」。未デジカル化のレコード音源より、解説を交えたレコードコンサートを開催します。
                             
越路吹雪(1924~1980.11.7)が天に召され今年で30年。
記念すべきこの年、ラミュゼのシャンソン部代表「ソワレ」がお届けするエスペシャリーなひと夜。数多く残されていながら、未だデジタル化されていないレコード音源から、解説を交えながらのレコードコンサートを開催します。
55年前の貴重な歌声、そして今もなお、圧倒的な存在感を示すその歌声、アレンジ、衣装、佇まい・・・。
シャンソンでも女優でもミュージカルでもないそのジャンル、越路吹雪。
見えないものが見えて来ます、新宿の森のしじまに流れるおとなの唄に、身も心も染めてみませんか?

詳細:
『越路吹雪リサイタル2010』と題した、おなじみの名曲からレアな一曲まで、越路吹雪の魅力をじっくり味わうレコードコンサートです。
同じ曲でもこんなに違う?!最愛のご主人、内藤法美氏のアレンジの世界も楽しみながら、15年間の『ラストダンスは私に』を聴きましょう。
「スポットライトに当たっているときが本当のあたし」「永く歌手を続けるならば自分の発声法を見つけなさい」「ロングリサイタルの翌日には飛行機に乗っていたい」衣装、ステージ、その人となり・・・。
越路吹雪さんの逸話も箇条書きにてご紹介します。

会 費:3,000円(税込|ワンドリンク付)★要予約
予 約:「お名前、住所、電話、e-mail、参加人数」を以下までお知らせ下さい。
    ラミュゼ|info@l-amusee.com
    新宿ゴールデン街『ソワレ』|03-5272-8088
〆 切:6月9日(水)まで予約を受け付けます。
会 場:ラミュゼ de ケヤキ(千駄ヶ谷)新宿区内藤町1-6 MAP
主 催:ラミュゼdeケヤキ
協 力:新宿ゴールデン街『ソワレ』|シブヤテレビジョン
問合せ:03-3353-7277(会場)
    info@l-amusee.com

※問い合わせ先の電話については当日9時より通じます。それ以前は留守番電話にご用件を入れてください。折り返します。
※会場は限られたスペースですので予め予約のうえお越し下さい。
by lamusee_de_keyaki | 2010-06-11 15:33 | L'AMUSEEのイベント
【MUSIC】『ハイチの音を聴く ハイチの声を聞く ハイチの光を見る vol.2』
a0151383_15182013.jpg


2010年5月23日(日)開場13:30 開演14:00 終演18:00(予定)
会費2,000円

ハイチ地震復興支援コンサートツアー関連イベント

趣旨
『ハイチの音を聴く、ハイチの声を聞く、ハイチの光を見る』は、2月にラミュゼdeケヤキで企画開催した、音楽チャリティ・イベントです。予想以上に大きな反響があり、義援金をハイチ大使館に届けることができました。しかしハイチ復興には長い年月がかかることが予想されます。2月のイベントに関わったスタッフは一回きりで
終わるべきでないと考えました。

ハイチ文化交流の会は1997年にブロー・バルクール&アリクス・ノジールのコンサートを行なって以来、多くの音楽家や画家を招いてハイチの文化を日本に紹介してきたNPO法人です。1月の震災の後、かつて招聘したミュージシャンたちに連絡をとり、安否を確認、この5月にハイチ音楽の至宝ともいうべきアゾールとブロー・バルクールを日本に招き、ハイチ地震復興支援コンサート・ツアーを行なう運びになりました。

「ハイチの音を聴く、ハイチの声を聞く、ハイチの光を見る vol.2」は、その復興支援ツアーの一環としてハイチ文化交流の会とラミュゼdeケヤキがコラボレートして行なうもので、音楽とアートでハイチを知り、ハイチを応援するインタラクティブなイベントです。

当日は、元駐日ハイチ大使マルセル・デュレが、報道ではなかなか伝わってこない現地の生の声を伝えます。長年ハイチの音楽を牽引してきたアゾールとブロー・バルクールは音楽大国ハイチの音楽やその背景について語ります。また、ハイチの二人のアーティストにマイア・バルーと駒沢れおが加わるスペシャル・セッションも行ないます。レコード・コンサート/DJ/トークショーなどの進行は、荻原和也と北中正和がつとめます。

併設のギャラリーコーナーでは写真家の井上ジェイ収集によるハイチの美しいペインティング作品を展示します。

カリビアン・バーではハイチにちなんだ絵はがき、CD、ドリンクなども販売する予定です。これらの収益の一部も、ハイチの復興のために寄付させていただきます。

緑の森に囲まれた都心のオアシス ラミュゼdeケヤキにて、みなさまのご来場をお待ちしています。


「ひとこと」
カリブ海の美しい島国ハイチの文化は、アフリカとヨーロッパの出会いから生まれたクレオール文化です。そこには近代から現代にいたる世界の歴史が凝縮されています。きわめて優美で、有機的で、幻想的で、洗練された、その音楽や絵画に間近にふれて、ハイチの人々に思いをはせましょう。 北中正和・音楽評論家


出演者:AZOR(vo./conga )、Boulo Valcourt(vo./g.)、マルセル・デュレ (トーク-元ハイチ大使-)、北中正和 (進行 -音楽評論家-)、荻原和也 (DJ/トーク -音楽評論家-)
ゲスト:マイア・バルー(vo.)http://www.maia-zoku.com/、駒沢レオ(per.)他

会費:2,000円(税込)

会場:ラミュゼ de ケヤキ(千駄ヶ谷)新宿区内藤町1-6 MAP
 
問合せ:03-3353-7277(会場)
    info@l-amusee.com
※問い合わせ先の電話については当日9時より通じます。それ以前は留守番電話にご用件を入れてください。折り返します。
※会場は限られたスペースですので予め予約のうえお越し下さい。

主催・企画:ハイチ文化交流の会 / ラミュゼdeケヤキ

募金:「集まった募金は地震直後より現地で医療活動を行っている「AMDA」の義肢支援及び、やはり地震直後よりハイチに行きガレキ撤去工具、家族用テントの配布をし、現在は校舎が崩壊した学校再開事業を行っている 「ピースウインズ・ジャパン」に寄付する予定で、後日御報告致します。
by lamusee_de_keyaki | 2010-05-23 10:17 | L'AMUSEEのイベント
第5回「うちくい展」開催のお知らせ
a0151383_16522132.jpg

CRAFT
会期:5月13日(木)~17日(月)11:00~18:30

今年も「うちくい展」の季節が巡って参りました。
うちくい、てぃさーじ、ストール、苧麻・芭蕉・和綿などの素材を使ったコモノ、八重山上布着尺・帯、芭蕉着尺・帯、手締めミンサー帯、ぐんぼう着尺、和綿手紡ぎ着尺、デシ綿着尺、琉球絣着尺、絹着尺、お召し、友禅羽裏、刺し子布、などなど・・・。うちくい展では、扱う素材も織法も違う作家たちが、それぞれの作風で「想い」と「工夫」を込めた「うちくい」「ティサージ」をお届けします。

会期中には「芭蕉の糸つくり」ワークショップや、キモノ「美しい佇まいの秘密」を解き明かすレクチャー&ワークショップなど、関連イベントを数多く企画しています。また、出展作家による列品解説なども行ないます。皆様お誘い合わせの上、是非ご来場ください!

さらに着尺に関しては「作る人+縫う人+着る人」が一直線につながり、それぞれの顔が見えるキモノの世界を提唱しており、会期中は和裁士・山本秀司氏が在廊いたします。「着る人」へのインタビューから始まる採寸による、お仕立です。仕立てに関するご質問もお気軽にどうぞ。

*「うちくい」とは・・・沖縄の言葉で、日本語に翻訳すれば、「フロシキ」だが、その語感はモノを包む布を越えて、さらに深い意味を持つ。かつて八重山では、嫁ぐ日のウェディング・ベールとして、深い藍地に白く、八つと九つの絣を染め抜いた「ヒジリウチクイ」を織った。それは、一生涯、祭りの日や特別な日の「かぶりもの」として大切に使われた。

---
●京都展
会期:2010年4月15日(木)~19日(月)
会場:錦鱗館(京都市左京区吉田神楽岡町3)
時間:11:30~18:30
入場無料
お問い合わせ:090-5974-8372(会期中)

●東京展
会期:5月13日(木)~17日(月)
会場:ラミュゼdeケヤキ(東京都新宿内籐町1-6)
地図:http://www.l-amusee.com/acces.html
時間:11:00~18:30
入場無料
お問い合わせ:03-3353-7277(会期中)


*詳細情報は「ぬぬぬパナパナ」のHPヘ!
http://nunupana.com/

*「リレー日記」の掲載を始めました。各地にちらばる作家達の日々の仕事や日常をのぞいてみませんか?
http://nunupana.com/diary/

[事前のお問い合わせ]
〒561-0884 大阪府豊中市岡町北1-12-45
Tel 080-1723-9071 Fax 06-6852-1156(浦)
E-mail:info@nunupana.com

---
主催:ぬぬぬパナパナ
企画:浦(小田)令子
協賛:下村ねん糸、下地脳神経外科
後援:八重山毎日新聞社
by lamusee_de_keyaki | 2010-05-13 16:54 | L'AMUSEEのイベント
mother dictionary春の会
a0151383_044171.jpg

”mother dictionary春の会”

日時 2010年3月27日(土) 11:00〜16:00
会場「ラミュゼde ケヤキ」東京都新宿区内藤町1-6 MAP
*入場無料(予約不要)  *雨天の際は室内メインで行います。

ものづくりと写真と音楽。そして美味しいフードに選りすぐりの雑貨たち。
緑豊かな新宿御苑に隣接した邸宅で、mother dictionaryゆかりのアーティスト
とともに行う小さなイベントです。
リメイクをテーマにしたワークショップや展示の他、庭園ではピクニックシートに
アートマーケットを開催します。桜も咲き出す季節、楽しい1日を過ごしましょう。
皆様のお越しを心よりお待ちしております。


出展者・出展内容
【ライブ】
・tico moonコンサート

【ワークショップ】
*ワークショップはご予約制となり、参加費が必要です。

・noninoko リメイクワークショップ
 「コラージュゲーム」
・中川糸子 リメイクワークショップ
 「シースルーbag」
・Kitica+cokitica+HUMOR リメイクワークショップ
 「あのひとに手紙をかこう。」
・山口由紀 アロマワークショップ
 「精油で作る天然香水」
・高橋京子 撮影会

【フード】
・まりがくきこ(カノムパンと根本きこ)
・TAKE Bio-Veggies 竹脇虎彦
・のみもの屋
・真藤舞衣子
・オズボーン未奈子
・なかじまや(月のリズム米)

【アートマーケット】
・クロマニヨン(クロマー、半幅帯)
・almanac(子供服&more)
・岩田和子+FOR(FORサンプル販売、リメイク他)
・SyuRo/宇南山加子(生活雑貨)
・やまもとゆみ(着物まわりのおあつらえ他)
・くまがいのぞみ(器)
・mamelon(アクセサリー)
・原田七重(器)
・mother dictionary(生活雑貨)

【展示】
・ワコール・リメイクブラ作品展示
・mother dictionaryリメイクTシャツ作品展示即売

詳しくはmother dictionary
by lamusee_de_keyaki | 2010-03-27 00:58 | L'AMUSEEのイベント
ライブ&トークショー 「レ・ロマネスクと日比谷カタンのパリと江戸は腹違いの姉妹都市なのよねえ・冬」
残席あとわずかです!

a0151383_323453.jpg

a0151383_4242949.jpg


緊急速報!ライブ&トークショー
「レ・ロマネスクと日比谷カタンのパリと江戸は腹違いの姉妹都市なのよねえ・冬」


2010年2月20 (土)
@千駄ヶ谷: ラミュゼ de ケヤキ
http://www.l-amusee.com/top.html
blog:http://lamusee.exblog.jp/9869877/
access:http://www.l-amusee.com/acces.html

出演順:日比谷カタン / レ・ロマネスク
start.16:00 charge.1000

[第一部]
日本が誇るギタリスト&シンガーソングライターにして無類の時代劇マニアでもある日比谷カタンが、歴代の時代劇の主題歌や劇伴(劇中伴奏音楽)を、独自の視点で分析。歌とアコースティックギターで大胆にアレンジするという、音楽とトークのライブショー。取り上げる時代劇は70年代に大流行した「木枯らし紋次郎」「必殺シリーズ」「大江戸捜査網」「子連れ狼」「遠山の金さん」などから「カムイ外伝」「女ねずみ小僧」「長崎犯科帳」など少々マニアックな展開も。時代劇を知らない人たちにもぜひ体験していただきたい非常にユニークなイベント!同じく時代劇マニアのロマネスク石飛とのトークショーも必見!!

[第二部]
パリ在住で欧米のクラブシーンで活動している日本人パフォーマンスデュオ、レ・ロマネスクのステージ。アメリカ・イギリス・ドイツ・オランダ・スペイン・・・と世界を股にかけ、王子とメイドの扮装で歌い踊る彼ら。2007年と2008年には日比谷カタンやマイア=バルーらとともにフランス全土ツアーを成功させた。昨年12月に彼らが出演したフランスのTV番組が大きな話題となり、その出演映像はYouTubeフランスで再生回数1位、世界でも20位を記録するほどの人気を獲得。そんな彼らのたいへん貴重な日本凱旋ライブ。お見逃しなく!

日比谷カタン
http://katanhiviya.com/

レ・ロマネスク
http://rmnsq.com/
..........
※席に限りがありますので予約をお願いします。予約が40人に達した時点でストップさせてください。
※ワイン屋さん or 酒屋さんによるドリンクバー併設予定。ドリンクは有料です。
by lamusee_de_keyaki | 2010-02-18 09:01 | L'AMUSEEのイベント
ディラン聴く師走の風に吹かれんや
レコードコンサート〔ディランのX'masアルバムを聴く〕
12/12(SAT)15:00pm~(開場14:30pm)
(解説対談)菅野ヘッケル × 北中正和
参加費 1000 yen

ボブ・ディランX‘masアルバム「Christamas in the heart」発売記念!
全編NEWレコーディング!売り上げはすべて米英の慈善団体に寄付。気骨の人・ディランが世界に贈るうるわしきクリスマスの名曲集を大きな欅の樹が見守る静かな館にて、聴き語らうレコードコンサート。

解説は、著書「ボブ・ディラン自伝」などで、ディラン研究第一人者の菅野ヘッケル氏。インタビュアーは、NHK FMワールドミュージックタイムのナビゲーターとして、世界の音楽を追い続ける音楽評論家・北中正和氏。
渋くて骨のある対談は乞うご期待。
ディラン狂は見逃せない。ディラン初心者も大歓迎。

@ラミュゼdeケヤキ
新宿区内藤町1-6 TEL 03-3353-7277(当日のみ)
http://www.l-amusee.com/
wabisabi@nifty.com(ご予約はメールにて受付中。限定30席)
by lamusee_de_keyaki | 2009-12-12 21:08 | L'AMUSEEのイベント