ラミュゼ de ケヤキ情報
by lamusee_de_keyaki
<   2010年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧
【REPORT】『ハイチの音を聴く ハイチの声を聞く ハイチの光を見る vol.2』
ハイチ地震復興支援コンサートツアー 関連イベント第2弾/5月23日(日)14:00−18:00

<報告>
前回大盛会でした「ハイチの文化を知る会」に次いで、今回もますますパワーアップ。ハイチからこのために来日したAZOR、Sara Renelikそして前在日大使マルセル・デュレさんがいらっしゃいました。
a0151383_919376.jpg
         左から:マイア、Sara、AZOR (photo by Masataka Ishida) 

壁には井上ジェイさんのコレクションからお借りしたハイチ絵画が飾られました。色彩感覚や造形感覚に優れたものもあれば、へたうまと言いますか、テクニックに欠けるものを補って余りあるポエジーにあふれた(私はそういう方が好きです)人間味がポロリと出てしまったような微笑ましい絵画もありました。

AZORはコンガ奏者でありすばらしいボーカリスト、ハイチで最も優れたミュージシャンとして、『ミュージック・オブ・ザイヤー』に選ばれカーネギーホールで演奏する、ハイチのスターです。サラはデァスポラ、つまりハイチで生まれていないハイチ人、カナダで生まれたダンサーで歌手です。そしてデュレさんは日本語も達者で長年の日本滞在で培ってきた日本の政治や実業家たちとのつながりうまく利用して、ハイチへの支援を具体的に、商業パートナーシップを組むことによって実現させようと、飛び回っている人です。今回は地震後4ヶ月経た島の現状報告、何が一番必要なのかを、生の声で訴えるためにいらっしゃいました。

まず、2時からそのデュレさんによるお話し、そして北中正和さんによるハイチ音楽のレクチャー。アフリカの音楽が奴隷たちによってもたらされ、その後独立した国家で独自の発達を経た経緯、隣の島、キューバとの関係など、相変わらずの博識で、ハイチ音楽の豊かさを垣間見ることができました。
休憩時間にはカリビアンバーと称して、ハイチコーヒーとラム入りポンチ、お菓子、などが上智大と東大の学生ボランティアにより販売されました。
そして4時30分から、お待ちかねのライブ。マイア・バルー バンドが、奄美の島歌、ヨルバ語の歌など3曲を演奏して、AZOR とSaraの出番です。AZORは病気のため、それまでつらそうに足を引きずっていたのですが、演奏が始まった瞬間、ものすごいオーラを発して、今まで誰も聞いたことのなかったようなコンガの音色とボーカルを聞かせてくれました。たった一つのコンガでよくこれだけの音の表情が出せるものです。集まった80人のお客さんはまるで、夢の世界に(ブドゥーの世界)連れていかれたかのように、陶然としていました。

ブドゥーといえば、彼らの生活文化も音楽もブドゥーです。私もいまひとつわかっておりませんが、これは古いアフリカのアニミズムらしい。黒魔術が有名ですが、そればかりではなく、八百万の神をあがめ、自然の精霊と交信しながら彼らは生きています。その中のひとつとして踊りや歌があるのです。

アフリカ奴隷たちは彼らの宗教を持って新大陸やカリブの島々に売られてきましたが、何世紀にも渡るキリスト教化などで、本来の姿からは遠くなっているようです。しかし、ハイチはナポレオンの時代に「独立」という快挙を成し遂げたため、キリスト教の影響が少なく、アフリカで失われてしまったものがまだ残っているそうです。
ですからAZORのリズムも伝統的なもので、アフリカの人たちのように創作はしていないそうです。それにしても豊かなリズムでした。

ハイチについて語るとき興味深いのは、彼らがナポレオン率いるフランス人たちから教わったフランス語でルソーの思想を読み、民主主義やヒューマニズムに目覚め、黒人だけで独立国家を作ろうとして実行したことです。彼らが成し遂げたのが200年前、そしてわが国では150年前、中江兆民がフランスに留学して、ルソーの啓蒙思想を持って帰りました。彼は日本にルソー学校をひらき、明治政府の弾圧を受けながらも自由民権運動のリーダーとして、日本の民主化に尽くしました。かたや、カリブ海の島 ハイチ、かたや太平洋の端っこの島 日本で、同じルソーに感動して、民主的な国家を作ろうと努力したのです。その後の日本の選択した道、ハイチのたどった道を想うと、かたや戦争を繰り返し、かたや独裁とクーデター、民衆の蜂起の繰り返し。それぞれ苦難の道でした。しかし、わが国では物質的豊かさを得ることができたのに、ハイチではご存じの通り、極端な貧困、そして今回の震災。と同情するに余りあります。

ルソーの思想はタンポポの種にように、空を飛んで新しい大地に根付き、共和国の芽を発芽させたわけですが、しかし民主主義を大木にまで成長させるのは容易なことではありませんね。ハイチの切り札は音楽とアート、そしておいしいブルーマウンテンコーヒー。私達は毎朝一杯のハイチコーヒーを飲むことによってハイチ経済をチャリティではなく、普通に助けることができます。スターバックスでアメリカの経済を助けるのも好き好きですが、コーヒーはハイチの方がおいしいです。ハイチ音楽のCD を聞いたり、ハイチの絵画を飾るのも楽しみながら援助する方法ですね。
a0151383_1056832.jpg
最後に会計報告です。
78名来場、10名のボランティア、カリビアンバーの売上28,000円。飲み物の仕入れ代を引いて、138,000円をハイチ友の会の手島さんにお渡ししました。
AMADA(義足や義肢をリフォームし支給する運動:本部岡山県)と、現地で学校再開の支援をしているピースウイング・尾道支部に半分づつ寄付されます。いづれもお金がどのように使われるか我々が見守れる団体です。

ハイチコーヒーはここで買えます。フェアートレードです。
今会の主催者の一人、AZORの友人、手島さんのお店です。
http://www.cafe-polepole.com/
(AZOR の CDも買えます!!)

北中正和さんのサイトhttp://homepage3.nifty.com/~wabisabiland/

マイア・バルーhttp://www.maia-zoku.com/
[PR]
by lamusee_de_keyaki | 2010-05-24 09:24 | L'AMUSEEの活動記録
【MUSIC】『ハイチの音を聴く ハイチの声を聞く ハイチの光を見る vol.2』
a0151383_15182013.jpg


2010年5月23日(日)開場13:30 開演14:00 終演18:00(予定)
会費2,000円

ハイチ地震復興支援コンサートツアー関連イベント

趣旨
『ハイチの音を聴く、ハイチの声を聞く、ハイチの光を見る』は、2月にラミュゼdeケヤキで企画開催した、音楽チャリティ・イベントです。予想以上に大きな反響があり、義援金をハイチ大使館に届けることができました。しかしハイチ復興には長い年月がかかることが予想されます。2月のイベントに関わったスタッフは一回きりで
終わるべきでないと考えました。

ハイチ文化交流の会は1997年にブロー・バルクール&アリクス・ノジールのコンサートを行なって以来、多くの音楽家や画家を招いてハイチの文化を日本に紹介してきたNPO法人です。1月の震災の後、かつて招聘したミュージシャンたちに連絡をとり、安否を確認、この5月にハイチ音楽の至宝ともいうべきアゾールとブロー・バルクールを日本に招き、ハイチ地震復興支援コンサート・ツアーを行なう運びになりました。

「ハイチの音を聴く、ハイチの声を聞く、ハイチの光を見る vol.2」は、その復興支援ツアーの一環としてハイチ文化交流の会とラミュゼdeケヤキがコラボレートして行なうもので、音楽とアートでハイチを知り、ハイチを応援するインタラクティブなイベントです。

当日は、元駐日ハイチ大使マルセル・デュレが、報道ではなかなか伝わってこない現地の生の声を伝えます。長年ハイチの音楽を牽引してきたアゾールとブロー・バルクールは音楽大国ハイチの音楽やその背景について語ります。また、ハイチの二人のアーティストにマイア・バルーと駒沢れおが加わるスペシャル・セッションも行ないます。レコード・コンサート/DJ/トークショーなどの進行は、荻原和也と北中正和がつとめます。

併設のギャラリーコーナーでは写真家の井上ジェイ収集によるハイチの美しいペインティング作品を展示します。

カリビアン・バーではハイチにちなんだ絵はがき、CD、ドリンクなども販売する予定です。これらの収益の一部も、ハイチの復興のために寄付させていただきます。

緑の森に囲まれた都心のオアシス ラミュゼdeケヤキにて、みなさまのご来場をお待ちしています。


「ひとこと」
カリブ海の美しい島国ハイチの文化は、アフリカとヨーロッパの出会いから生まれたクレオール文化です。そこには近代から現代にいたる世界の歴史が凝縮されています。きわめて優美で、有機的で、幻想的で、洗練された、その音楽や絵画に間近にふれて、ハイチの人々に思いをはせましょう。 北中正和・音楽評論家


出演者:AZOR(vo./conga )、Boulo Valcourt(vo./g.)、マルセル・デュレ (トーク-元ハイチ大使-)、北中正和 (進行 -音楽評論家-)、荻原和也 (DJ/トーク -音楽評論家-)
ゲスト:マイア・バルー(vo.)http://www.maia-zoku.com/、駒沢レオ(per.)他

会費:2,000円(税込)

会場:ラミュゼ de ケヤキ(千駄ヶ谷)新宿区内藤町1-6 MAP
 
問合せ:03-3353-7277(会場)
    info@l-amusee.com
※問い合わせ先の電話については当日9時より通じます。それ以前は留守番電話にご用件を入れてください。折り返します。
※会場は限られたスペースですので予め予約のうえお越し下さい。

主催・企画:ハイチ文化交流の会 / ラミュゼdeケヤキ

募金:「集まった募金は地震直後より現地で医療活動を行っている「AMDA」の義肢支援及び、やはり地震直後よりハイチに行きガレキ撤去工具、家族用テントの配布をし、現在は校舎が崩壊した学校再開事業を行っている 「ピースウインズ・ジャパン」に寄付する予定で、後日御報告致します。
[PR]
by lamusee_de_keyaki | 2010-05-23 10:17 | L'AMUSEEのイベント
第5回「うちくい展」開催のお知らせ
a0151383_16522132.jpg

CRAFT
会期:5月13日(木)~17日(月)11:00~18:30

今年も「うちくい展」の季節が巡って参りました。
うちくい、てぃさーじ、ストール、苧麻・芭蕉・和綿などの素材を使ったコモノ、八重山上布着尺・帯、芭蕉着尺・帯、手締めミンサー帯、ぐんぼう着尺、和綿手紡ぎ着尺、デシ綿着尺、琉球絣着尺、絹着尺、お召し、友禅羽裏、刺し子布、などなど・・・。うちくい展では、扱う素材も織法も違う作家たちが、それぞれの作風で「想い」と「工夫」を込めた「うちくい」「ティサージ」をお届けします。

会期中には「芭蕉の糸つくり」ワークショップや、キモノ「美しい佇まいの秘密」を解き明かすレクチャー&ワークショップなど、関連イベントを数多く企画しています。また、出展作家による列品解説なども行ないます。皆様お誘い合わせの上、是非ご来場ください!

さらに着尺に関しては「作る人+縫う人+着る人」が一直線につながり、それぞれの顔が見えるキモノの世界を提唱しており、会期中は和裁士・山本秀司氏が在廊いたします。「着る人」へのインタビューから始まる採寸による、お仕立です。仕立てに関するご質問もお気軽にどうぞ。

*「うちくい」とは・・・沖縄の言葉で、日本語に翻訳すれば、「フロシキ」だが、その語感はモノを包む布を越えて、さらに深い意味を持つ。かつて八重山では、嫁ぐ日のウェディング・ベールとして、深い藍地に白く、八つと九つの絣を染め抜いた「ヒジリウチクイ」を織った。それは、一生涯、祭りの日や特別な日の「かぶりもの」として大切に使われた。

---
●京都展
会期:2010年4月15日(木)~19日(月)
会場:錦鱗館(京都市左京区吉田神楽岡町3)
時間:11:30~18:30
入場無料
お問い合わせ:090-5974-8372(会期中)

●東京展
会期:5月13日(木)~17日(月)
会場:ラミュゼdeケヤキ(東京都新宿内籐町1-6)
地図:http://www.l-amusee.com/acces.html
時間:11:00~18:30
入場無料
お問い合わせ:03-3353-7277(会期中)


*詳細情報は「ぬぬぬパナパナ」のHPヘ!
http://nunupana.com/

*「リレー日記」の掲載を始めました。各地にちらばる作家達の日々の仕事や日常をのぞいてみませんか?
http://nunupana.com/diary/

[事前のお問い合わせ]
〒561-0884 大阪府豊中市岡町北1-12-45
Tel 080-1723-9071 Fax 06-6852-1156(浦)
E-mail:info@nunupana.com

---
主催:ぬぬぬパナパナ
企画:浦(小田)令子
協賛:下村ねん糸、下地脳神経外科
後援:八重山毎日新聞社
[PR]
by lamusee_de_keyaki | 2010-05-13 16:54 | L'AMUSEEのイベント